中古住宅の利点

中古住宅の利点は売り出しが見込める地域が広範囲にわたることが挙げられます。極端なことをいえば住宅が建っている地域なら必ず売り出しが見込めるということです。

これに対して新築住宅ではデベロッパーを用地を取得し、そこにマンションや複数の一戸建てを建設して分譲するのが一般的なので、ある程度の規模を有した敷地でなければ事業化が難しい面があります。
最近はリストラによって企業が手持ちの工場用地や社宅を売却するケースが増えているので、新築住宅でも便利な地域で開発・分譲されることはありますが、それでも限られています。
「いま住んでいる地域から離れたくない」「子供を転校させたくない」「両親が暮らしている実家の近くに住みたい」というように購入地域を優先して住まいを探している人にとっては、中古住宅が向いているといえるでしょう。

購入価格は特殊な時期を除いて一般的に新築住宅のほうが高いといえます。同じ地域で同じ広さという同等の条件であれば中古住宅のほうが二割ほど安いといわれています。
安く買って、その割安分をリフォーム費用などに充てて、自分たちの気に入ったインテリアにしたいというなら中古住宅が適しています。
ただ、中古住宅のほうが購入価格が割安だからといっても、住宅ローンや税金、諸費用などの面から見ると、むしろ高くつくことがあるので注意が必要です。

その筆頭が「仲介手数料」です。通常、中古住宅は仲介会社を通じて買います。その際には成功報酬として一定額を限度に仲介手数料を支払う必要があるのです。手数料の上限額は「降入価格×3%+6万円+消費税」となっています。
仮に4000万円の中古住宅を買った場合は【4000万円×3%+6万円=126万円】プラス消費税を上限に支払うことになります。

新築住宅であっても仲介会社を通じて買えば仲介手数料を支払うことになりますが、通常は分譲会社から直接買うので必要ありません。さらに中古住宅の場合、住宅ローンの返済期間が新築住宅に比べて短く設定されたり、融資額が減額される場合があります。税金についても新築住宅に適用される軽減特例が中古住宅では受けにくくなることがあります。

これらの要素を総合的に判断すると、中古住宅の価格は新築住宅に比べて一割程度以上割安でないと、実質的に割高になってしまうケースがある点を念頭に置いて判断するようにしてください。